つぼみの会
a0091165_2365688.jpg

親友kyon親子と、ちょっと早いお花見も兼ねて、春日公園でピクニック。 
桜は、木によっては2~3分咲きもあったけど、ほとんどはつぼみのまま。
それでも、快晴だったので、芝生広場はたくさんの親子連れでにぎやかでした。
いつものごとく、ロンブラージュ・ビガレで美味しいパンを調達。 
残り物のチキンナゲット、卵焼きとおにぎりの簡単べんとうもいっしょに、ミニテーブルにクロスを敷いて、ランチの始まり。 
大好きなお兄ちゃんふたりに遊んでもらって、本当に嬉しそうなムスコでした。



平和な公園での風景。 こうしていられることのありがたさと尊さ。
友達どうしでも、夫婦でも、いつも話し合うのは、やはり震災のこと。
時間が経つにつれ、報道は、原発事故やそれに伴う首都の物資不足や水道水汚染、
停電の影響などが、多くを占めるようになっている気がします。
数週間で、被災地の惨状や避難所の状況が大きくかわるはずもなく、ただ映し出される回数が減っているだけなのだということ。
現に、避難所に届く物資の数が、ここ数日減ってきている、餓死したお年寄りもいる…という現地報告もあると聞きました。
繰り返される報道に慣れていったり、一部の情報が、全体のものだと捉えてしまうようなことは、本当に怖いなと思います。 
無力な自分にもどかしさだけがつのるけれど。 
今、被災地から遠く離れているわたしにできることは、普通を守りながらも、
被災地の人たちを思い、協力を惜しまないこと、慣れてしまわないこと。
身近な人とこの震災やそれにともなう二次被害のことを話し合い、継続して募金していこうと思います。
[PR]
by chocolat-au-choco | 2011-03-30 23:56 | ○○の会 | Comments(0)


<< ラッテビアンコ ご近所会 >>