ひとり時間の愉しみ
a0091165_2185264.jpg

宵っ張りのくせに、朝が意外と早いムスコ。 目覚めると、パパが行っちゃう~とベットを飛び出していきます。
そして、身支度中のパパの後をついてまわり、ほぼ毎朝、エレベーターまでお見送り。
でも、たま~に、朝寝坊することもあって。 そんなときは、寝たムスコは起こすなとばかりに、そろりそろり。(笑)
夜、早く寝てくれたときもしかり。 お抹茶や珈琲、好きなお菓子を用意して、録画している番組をみます。 あぁ、シアワセ。
オンタイムのテレビが流れているのは、パパがいるときと、朝夕の教育テレビがほとんど。
好きなときに、好きなテレビ番組をみるなんて、昔は当たり前のことだったのに。 
今では、いちにちのうちの僅か、ひとり時間の愉しみにまで昇格。^^



ボクらの時代 谷川俊太郎×宮藤官九郎×箭内道彦 の対談は、すごくよかった!!!
谷川俊太郎さんは、気取らず、いばらず、ユーモアがあって、穏やかで。 質問箱を読んで抱いていたイメージ通り。 
宮藤さんと箭内さんが、死ぬまでに会えると思わなかったです!、と言ってたくらい、とっても嬉しそうだったのが印象的。
谷川さんの、いちばん心に残った言葉。
幼い頃、母から120%愛されました。 無条件に愛してもらい、溺愛されたお陰で、生きていていいんだと思ったんです。
だから、大人になって、条件付きでも受け入れられた。 なかなかないでしょう、無条件の愛なんて。
自身をマザコンと表現されていました。 一人っ子だったそう。 なんとはなしに、心強い。^^

宮藤官九郎脚本、『11人もいる!』。 このドラマも毎回楽しみにしています。 あと、『 深夜食堂 』も大好き。 
PCしたいし、本も読みたいし、録画もみたいしで、なかなか時間をつくるのがむずかしい!
ぜいたくな悩みなのは、百も承知だけれど。
[PR]
by chocolat-au-choco | 2011-11-20 11:46 | ごはん*おやつ


<< 2012 calendar ソーセージパン >>