今年 谷川俊太郎
a0091165_22521889.jpg

涙があるだろう
今年も
涙ながらの歌があるだろう
固めたこぶしがあるだろう
大笑いがあるだろう今年も
あくびをするだろう
今年も
短い旅に出るだろう
そして帰ってくるだろう

農夫は野に
数学者は書斎に
眠れぬ夜があるだろう
だが愛するだろう
今年も
自分より小さなものを
自分を超えて大きなものを

くだらぬことに喜ぶだろう
今年も
ささやかな幸せがあり
それは大きな不幸を
忘れさせることはできぬだろう
けれど娘は背が伸びるだろう
そして樹も
御飯のおいしい日があるだろう
新しい靴を一足買うだろう
決心はにぶるだろう今年も
しかし去年とちがうだろうほんの少し
今年は

地平は遠く果てないだろう
宇宙へと大きなロケットはのぼり
子等は駆けてゆくだろう

今年も歓びがあるだろう
生きてゆくかぎり
いなむことのできぬ希望が


谷川俊太郎  『 今年 』  ( 祈らなくていいのか)



年の始めに、大好きな、谷川俊太郎さんの詩を、ひとつ。
写真は、我が家から見える朝焼け。 
めずらしく、だんなくんが、わざわざ空がキレイだよと呼びに来た日の1枚。

この時期、いろんな人が、今年の抱負を書いていて、共感できたり、自分を省みたり。
わたしも書きだしてみます。

早寝早起き、二度寝しない! 朝を制するものは、一日を制する。
口に入れるものが、体をつくる。 毎朝のお味噌汁を丁寧に。
身近な人に甘えすぎない。 あたりまえのことは少ないぞ。
余計なことは言わない。 聞いてあげられる人を目指して。
言っても仕方のないことは、口にしない。 他人より自分からかわっていこう。
腹が立ったら、深呼吸。 とりあえず、笑っとこう。


抱負というより、標語みたい。^^
こんなことを、こころにとめて、この1年、過ごしていきたいな。

… 決心はにぶるだろう今年も しかし去年とちがうだろうほんの少し 今年は

去年より今年、今日より明日。 ほんの少しずつ、前向きに。
[PR]
by chocolat-au-choco | 2013-01-08 22:53 | 思うコト


<< ごはん日誌 ひつじさん >>