かけっこ、泣き笑い
a0091165_8504615.jpg

今から5年前、ムスコ1歳の秋。 太宰府 竈門神社にて。
こんなに小さかったムスコも、早6歳。 
幼稚園最後の運動会に向けて、ただいま、練習練習の日々。
そんな今日この頃、戦う6歳児のささやかな記録、覚え書き。



たかがかけっこ、されど!かけっこ
~泣いたり笑ったり、日々熱戦、男の?プライドの巻き~

幼稚園バスを迎えに行くと、降りてきた先生からのお話。
『昨日はかけっこ、接戦で! いつも○○くんになかなか勝てないんてすけど、初めて逃げ切って1番だったんですよ!』
??? ムスコ、まったく言ってなかったなぁ。 嬉しいことは真っ先に報告してくるのに。
お風呂の中で、昨日、かけっこ、1番になったのー? がんばったねーと言ったら。
顔がゆがんで、わーん! だってだってだって…ぐっすん。

よくよく聞いてみると。
かなりの接戦だったので、○○くん本人も、○○くんの仲良したちも○○くんのほうが1番だった!と譲らなかったそう。

なるほどー。 みんなに認められない1番だと、 笑顔でわたしたちに報告できなかったんだねぇ。
そうかそうかー。

くやしい!まけたくない!
みーんな、ほんとうにこころから、いっしょうけんめい、はしってるんだね。
そういうきもち、たいせつなんだよ。きのうは、すごかったね。 やったやったやったー!
裸のまんま、ふたりでハイタッチして、ニコニコに戻ったムスコ。

昨今は、順位をつけない徒競走も多いとか。 勝ったり負けたり、泣いたり笑ったり。
こんな経験も大切なんだなぁとしみじみ思った出来事。

1番だったよ!!!とわたしにはすぐにでも伝えたかったはずなのに。
『違うよ、1番じゃないよ』と言われた記憶が、それにブレーキをかけたのでしょう。
胸を張って言いたいから、だまっていたんだろうなぁ、その夜、ひとり考えていました。

この話をつぶやいたら、思いのほか反響があって。
これぞ、男の子だよ~!という声が多数。^^ 小さいなりにも、男子のプライドだったのかなぁ。
それにしても、心のモヤモヤも自分なりに処理して、言わないと決めたムスコ。
普段はおちゃらけてるけど、なんだか大人びた一面をみた気持ちです。
そして、そういう生真面目なところは、だんなさんそっくりだなぁと思ったり。
だって、いろいろヤジが飛んだこともひっくるめて、報告するというのもありな気がするから。 それ、わたし!(笑)
何にしろ、ちょっとずつ、こころのあり方も成長してるんだなぁと、少し寂しく感じる、自分勝手な母なのでした。

かけっこ本番は、心臓が飛び出そうなほど、わたしが!ドキドキするだろうなぁ。
走ってる姿を想像するだけで、なんだか涙腺が。
泣いたり、笑ったり。 こどもたちが、元気に、真剣勝負をしている! ただそれだけで、なんと幸せなことか。
(昨日から、こどもの悲しいニュースが飛び交っています・・・。)
本番は、来月最初の土曜日。 転ばないことだけ、願っています。
[PR]
by chocolat-au-choco | 2014-09-18 23:40 | こども


<< 福岡護国神社 蚤の市 うつわで焼くパン >>