ずっと、ともだち
a0091165_218920.jpg

同じマンションに住む1つ年下の男の子。
彼が入園して2年、毎朝いっしょに登園し、互いの習い事がない日は必ず、降園後には、どちらかのうちで遊ぶ仲良し。
ひとりっこ長男どうし、まるできょうだいのように過ごしてきました。
互いにパパの仕事の都合でこの町に住んでいたので、いつかは離れる時が来ると覚悟はしていたのですが。
この秋、兵庫へ引っ越してしまうことに。

こちらの幼稚園での最後のお弁当を、わたしに作らせてと頼んで、ふたりおそろいのパン弁当に。
朝から、空き箱とクラフト用紙でつくった、お弁当箱。
ムスコが似顔絵を描いてくれました。 『あ』と『る』は、ままがかいて~!
ひらがな練習して、あるとくんにお手紙書けるようにならなきゃね。



a0091165_21164912.jpg

引越し前日の夜に、我が家でささやかな送別会を。
寄り添ったふたりの似顔絵、苦手なひらがなでかいた手紙には、『ずっと、ともだち』のメッセージ。
無邪気なふたりが、せつないけれど。
それはそれは、にぎやかで。 楽しい声が家中に響いてました。
お風呂もいっしょ、そしてパジャマに着替えてふたりでベットへ。
(途中さみしくなって、5階の部屋に送り届けたのですが。^^)

a0091165_21182768.jpg

前の夜が楽しすぎて。 
ふたりいっしょに登園するのは最後だとわかって、朝から園バスで泣いてしまったムスコ。
もちろん、母たちももらい泣き。

a0091165_21233558.jpg

プレゼントしたモノのひとつ。 端切れを使ったてづくりのフォトフレームにお気に入りの写真を。

a0091165_21243599.jpg

空港まで見送りに行きました。
ゲートをくぐる前に、ほら、握手して!と言ったら、やっぱりそこで泣き出してしまったけれど。
グッバイコーナー? 電話があるよ~とそこで涙もひっこみ、数十分。(笑)
とうとう、搭乗してしまうというときには、やっぱり号泣。 →→→ 

a0091165_213404.jpg

大好きな人との別れはやっぱりつらいけれど。
誰かを想って泣きたくなる気持ち。ずっといっしょにいたいと思う気持ち。
またあおうね!とその人の幸せを祈る気持ち。
素直に感情をあらわしている小さなムスコに、 改めて大切なことをおしえてもらいました。
見送られることばかりだったので、ひさしぶりに見送る側の寂しさを経験しました。
しばらくは、思い出して泣いてしまうムスコと、また卒園までの日々を大切に過ごしていこうと思います。
[PR]
by chocolat-au-choco | 2014-10-10 21:07 | こども


<< うなぎ 黒崎教会堂+出津教会堂 >>