お弁当日誌
a0091165_14525715.jpg

最近のだんなさん弁当を少し。
ザ・和食べんとう。
塩さば焼、れんこんのひき肉挟み焼き、たたきごぼうと人参炒め、
出し巻きたまご、ほうれん草の胡麻和え、明太子。



a0091165_1453885.jpg

おでん3種、小松菜と豚肉のオイスター炒め、人参のたらこ和えなど。

a0091165_14531510.jpg

れんこんチーズ焼き、ささみのハンバーグ、ほうれん草のかぼす和え、きんぴらごぼうなど。

a0091165_14532471.jpg

揚げ鶏の甘酢和え、ねぎ入り厚焼きたまご、ブロッコリーとベーコンのソテーなど。

a0091165_14533114.jpg

チキンとほうれん草のクリーム煮、オムレツ、切り干し大根とひじきの煮物など。

a0091165_14534037.jpg

お弁当といえば、この話題の本、 図書館から戻るなり、一気読み。
息子 登生(トーイ)くんの高校生活3年の間、 父親である渡辺俊美さんが
いちにちも休まず作り続けた、461個のお弁当の記録。
弁当作りにまつわるモノやコト、息子さんとの日常を気取らない言葉でつづるエッセイ。
年頃の息子との関係性も父子ふたりの生活も、大変であろうことは想像がつくけれど。
彼のどこか飄々とした、でもあったかい雰囲気が文章からも伝わってきました。
そして、エッセイ番外編、トーイからみた弁当ライフ、息子から父へのありがとう。
泣きました…。 あー、こんなにも伝わってるし、受け止めてくれているなんて。 いい息子さんだなぁ。

弁当つくり、毎日の食事つくり。 誰かを思って作った料理は、やっぱり基本だし、裏切らない。
たまには感想いってよ~とか、もっと感謝の気持ちを見せてくれたってとか、もちろんたまには思うけれど。
米粒ひとつも残ってない、からっぽのお弁当箱こそが、食べてくれてることそのものが大事なんだなぁと改めて。

a0091165_14534833.jpg

寒くて、朝がだんだんとつらくなる季節だけれど。
シュンシュンと沸くお湯の音を聞きながら、日の出前の一瞬のこのグラデーションを見あげて。
さぁて、今日もお弁当から始めますか!と気合が入る時間がすきだったりします。
[PR]
by chocolat-au-choco | 2014-11-07 14:52 | お弁当 | Comments(0)


<< スィートポテト Happy Halloween ♪ >>