さいごのおべんとう
a0091165_21315398.jpg

卒園式の数日前、幼稚園生活最後のおべんとうは、ムスコの好きなパン弁当。
3年間の思いを込めた、ムスコへの手紙をそっとしのばせておきました。

まま、ごはんがつめたかったよ! ぼく、たべられない!
(お弁当初日に、帰ってきてから投げかけられたせりふ・笑)
あのね、おべんとうはね、あさつくって、ようちえんにもっていくから、つめたくなってるんだよ。

野菜全般、ほとんど食べられない、冷めたごはんが苦手という悪条件でのお弁当生活のスタート。
それでも、3年間でずいぶんと食べられるモノも増えて、残すこともほとんどなくなりました。
また、小学校の給食ではちょっと苦労するとは思いますが、ひとまず、ママのおべんとうはおしまい。
わたしも楽しんでつくらせてもらいました。



a0091165_2138395.jpg

きょうは、ねんちょうさんだけ、おたのしみかいがあるんだよ♪
そう言って、出て行った日、思わぬプレゼントを受け取りました。
キラキラ鉛筆や色つき消しゴム、ノートやキャラクターモノなど、数あるビンゴの景品の中から、
この布バックを選んで、自分でメッセージを書いて、持ち帰ってくれたようなのです。
みんな自分の好きなモノを選んだんだろうに、わたしにと思いついてくれただけでも嬉しいのに。
この言葉・・・。
泣いてしまったのは言うまでもありません・・・。
マンションの廊下で、ぼろぼろ泣くわたしに、制服のポケットからティッシュを差し出してくれたムスコ。
わたしの涙につられて、いっしょになって泣いています。
おちゃらけてて、泣き虫で、わがままで、すごく手がかかるちびすけだけど。
たまに、こんなことをしてくれる、にくいヤツなのです。
わたしこそ、楽しいまいにちを、本当にありがとうね。 ずっと、大切にするよ。
[PR]
by chocolat-au-choco | 2015-03-15 21:31 | こども


<< 抱えきれないほどの 卒園式 >>