旅立ちのとき
a0091165_167145.jpg

とうとう、長崎を発つ日がやってきました。
出発前に、幼稚園にたくさんのお友達が、お別れにと集まってくれていました。
担任の先生のオルガン伴奏と、お友達が歌う 『 あしたははれる 』 。
涙が止まらないわたしと対照的に、にこにこというか、照れくさくて、おちゃらけてしまっているムスコ。
いろんな複雑な感情があるのでしょうが、泣き笑いのお別れ会となりました。
お花や素敵なプレゼントをいただいて、また涙。



a0091165_17215610.jpg

サプライズで手渡してもらった、3年間の思い出が詰まった最高の贈り物。(いったい、どれだけ泣かせるんだ!笑)
幼稚園のママ友という出逢いだったけれど、今では、かけがえのない存在になった仲間たち。
5~6つも歳の違う彼女たちの、自称 『 ねえさん 』 のつもりだったのに。
支えてもらうのは、いつもわたしの方でした。
車に乗り込む前に、思わず、ひとりひとりに抱擁。 感謝の気持ちが素直にあふれてきます。
子供のように泣きじゃくるみんなのあったかさが、体全体に沁み込んでくるようでした。
普段は照れくさくて、ぜったいにできないけれど、でもハグっていいな。 できてよかった。
このハグには、3年前のこのときの想いがねっこになっているのです。
想いはつながっていくんだなぁ。

a0091165_16342444.jpg

荷物が運び出されてしまった我が家、ひときわ広く感じられます。
ひたすらに掃除をして、お世話になりました!と、3年間住み慣れた部屋を出ました。

a0091165_16355294.jpg

おそらく最後になるであろう、この3年、数え切れないほど乗った 『 有明フェリー 』 で、熊本へ。
義父の仏壇に挨拶し、義母に行ってきます!と直接伝えるための、たった1時間の帰省。
お宮参り、七五三、初詣とずっとお世話になっている神社の桜。
ちゃんと桜を見上げたのは、気がついてみれば、この時が初めて。 なんと慌しい3週間!
そのまま、九州道に乗って、夜9時前に鹿児島市入りしたのでした。

a0091165_16403384.jpg

翌朝、ホテルのテレビで、桜島の噴火と降灰の状況チェック。
いよいよ、鹿児島市民になるんだなぁ。

a0091165_16442745.jpg

朝食バイキングにて。 きびなごのお刺身や奄美大島の郷土料理 『 鶏飯(けいはん) 』 をいただいて、チャージ完了。
一路、新居へ!
[PR]
by chocolat-au-choco | 2015-04-01 16:31 | 思うコト


<< ありがとう ありがとう 抱えきれないほどの >>