抱えきれないほどの
a0091165_2151442.jpg

3年間の長崎ライフ、気の合う仲間を招いて、何度となく、開店してきた 『 居酒屋えりか 』 。
引越しまであと4日というこの夜、最後の晩餐。
明るくて、根っからのお酒好きの彼女たちと出逢い、たくさんの時間を共有することができて本当によかった。
またきっと会える!と最後まで楽しいお酒になりました。



a0091165_2159584.jpg

そのちょうど3週間前。
鹿児島転勤の辞令がでた翌日、動揺を隠せず、すぐに集合してもらい、飲んだこともあったっけ。

a0091165_2205059.jpg

それから週末に、こどもたちも含め、4家族でお泊り送別会を開いてもらったり。

a0091165_2214757.jpg

役員の仕事で仲良くなった仲間たちも、素晴らしい会を開いてくれました。
本当に、わたしたち親子のために、みんなが惜しみなく与えてくれる、優しい気持ちにどれほど感謝したことか・・・。

a0091165_2231692.jpg

陶芸の先生やお仲間たちも、わたしの教室が最後の日、サプライズでランチ会をしてくださって。
感激でことばもありませんでした。

a0091165_2242223.jpg

遠く香川に住むブログ仲間のromiちゃんからは、ムスコの入学にと、名前入りのえんぴつの贈り物が。

a0091165_22104544.jpg

半年前、兵庫に引っ越してしまい、涙涙の別れをした、同じマンションに住んでいたお友達。
わたしたちの転居を知って、長崎までわざわざ会いに来てくれました。
2泊3日の間、ムスコの嬉しそうなことといったら。

他にも、たくさんの差し入れ、お別れにと受け取ったプレゼントや、気持ちのこもったお手紙・・・。
わたしたち親子のために、こんなにも気持ちをくだいてくれる人たちがいる。
この3年間の長崎生活で得た、ご縁の大きさとあったかさを、ひしひしと感じられる、転居までの日々。
目まぐるしく、残り少ない時間の中で、そのことがどんなに誇らしく、ありがたかったことか。
と同時に、別れることの寂しさに、ときどき親子で胸が詰まる場面がたくさんありました。

ありがとうありがとうありがとう。 いくら言っても足りないくらいです。
また長崎には必ず、そう遠くないうちに帰るからね~!
[PR]
by chocolat-au-choco | 2015-03-27 21:50 | ○○の会


<< 旅立ちのとき さいごのおべんとう >>