正月料理&郷土料理講座⑥~⑩
a0091165_12102985.jpg

正月料理&郷土料理講座、後半5回分の記録。
正月料理&郷土料理講座 ⑥

本日のメニュー
・田作り
・黄金すし飯
・数の子の和え物
・鯖と牛蒡の昆布巻き
・紅白かるかん
・鰤の照り焼き
・海老と菜の花の大根巻き

黄金すし飯は、梔子(くちなし)の種で色付け。 数の子の塩抜きの方法。
田作りは2回目。 空入りにかける時間、フツフツしてきたタレに、煮干しを投入するタイミングの妙。



a0091165_12104838.jpg

そして人生初、かるかん作り!
大きなせいろで蒸しました。 半量を型に入れ5分蒸し、あんこを乗せて さらに半量を。
かるかん液には、すりおろした山芋や卵白が。
すりおろした人参を入れたかるかんと紅白にして、お正月仕様に。
かるかんの型があるんですねーと感心していたら、
鹿児島の家庭には常備していることが多いよーとのこと。 これぞ、郷土の食文化!

a0091165_12125870.jpg

正月料理&郷土料理講座 ⑦
鹿児島のお雑煮を習う回!
鹿児島で一般的なのは、焼干し海老のお出汁で作る干し海老雑煮 なんだそう。
もちろん、初めての味です。
頭付きの焼干し海老で出汁をとり、
具材は、人参 大根 豆もやし 春菊 筍 椎茸 里芋 海老、そしてお餅。
香ばしい焼海老のお出汁は、想像より優しいお味♪
所変われば…をひしひしと。
実家の母(熊本出身)のお雑煮は、昆布かつお出汁で鶏がメイン。
義実家(長崎と熊本)のお雑煮は、昆布とスルメで出汁をとります。
初めて食べたときはびっくりしました。
どちらもお餅は丸餅を柔らかくして頂きます。
同じ九州でもお雑煮いろいろ。 試食のときも話に花が咲きました。

a0091165_1222165.jpg

正月料理&郷土料理講座⑧
小正月(1月15日)
・あずきがゆ
・豚の角煮と茹でたまご
・簡単高菜漬け
・さつまいもの皮きんぴら
・いちご大福
・からいもんねったぼ

角煮を短時間で柔らかく仕上げるための豚かたまりの下茹でのコツは、
おからとたっぷりのお酢を使うこと!
ほっくり蒸したさつまいもとお餅をすり鉢で練ってつくった、鹿児島郷土料理(菓子) ねったぼ!
冷めてもやわらかい♪これはムスコが絶対好きなはず。

a0091165_12233444.jpg

正月料理&郷土料理講座⑨

奄美大島の郷土料理 鶏飯(けいはん)を習ってきました。
錦糸卵や鶏ささみ、椎茸煮などをあたたかいごはんにのせて、鶏ガラスープを注いで頂く料理。
ガラや昆布 野菜の皮などとことこと1時間以上炊いた優しく生姜の効いた鶏スープで、さらさらっと美味しい!
体もあったまりました。
おやつの1品には 薩摩ぼうろも。 外はカリッ中はふわっと、懐かしい味がしました。

a0091165_12251072.jpg

正月料理&郷土料理講座 ⑩
~恵方巻きと郷土菓子~
・飾り太巻き
・筍羮 しゅんかん
・ふくれ菓子
・いこ餅
・桜島大根葉の漬け物

桜の塩漬けをあしらった、春らしい 飾り太巻きを習いました。
しゅんかん とは、さつまの古くからの祝い膳で、豚の三枚肉をたけのこや桜島大根と煮付けたもの。
桜島大根 初体験!普通の大根よりやわらかな味。
大きな蒸籠で蒸したふくれ菓子は、ムスコも喜んで食べていました。

全⑩回の郷土料理講座。 参加できて本当にためになりました。
勉強したことをこれからの食生活に 少しでも多く役立てていきたいです。
[PR]
by chocolat-au-choco | 2016-01-26 12:26 | 料理教室


<< きらきら 鹿児島に雪! >>