fourty two
a0091165_15342486.jpg

6月、またひとつ歳を重ねました。 
ムスコが宿題の日記に、はっきりと、『お母さんが42歳になりました。』と書いていて、ちょっと動揺。(笑)
なんだか、ここ数年間、40歳前後から、自分の年齢、数字をみていてもと、気持ちと合致しないのは確か。
自覚が足りないのか、あがいているのか。
生え際に白いものが出てきたのには、やはりどうしても加齢を感じずにはいられませんが。
貧血はあいかわらずだけど、寝つきもよく(それはいつもか)、偏頭痛やアレルギー鼻炎の症状も減っていて、
鹿児島の地は、わたしに合っているのかも、こっそり思っています。



長崎から鹿児島へ来て、1年と2ヶ月。 本当にあっという間。
最初の数ヶ月は、物理的にも精神的にも落ち着かなかったけれど。
ムスコやだんなさんが環境になじんでいくのをみていたら、自分もいつの間にかペースを取り戻していました。
住めば都、そして、家族がいれば、そこが自分の居場所。
半径5メートルの幸せを守るため、自分ができることをこつこつと。
もう何年もずっとくり返しているフレーズですが、1年に1度は再確認。
すぐに贅沢になったり、わがままになったりするので。
自分たちがここちいいと思えるところで、こころがほぐれていて、笑いあっていられること。
そのことが、実はどんなに大切なことで、守っていくことが大変なことか。
ここ数ヶ月ずっと考えていました。

誕生日は、母がわたしをこの世に送り出してくれた日。
当日には、あたたかい母からの手紙を受け取り、心が洗われるようでした。
ずっとお姉ちゃんお姉ちゃんと、どちらかというと心配性の母から頼りにされてきた子供時代。
結婚して子供を持ってからの方が、素直に母に甘えられるようになりました。
まだまだたった母親8歳のわたしと、母親42歳のわが母とは、かけはなれてはいるのですが。
母親でいるということの喜び、不安や迷いを、同じ目線で話せるようになったのも、わたしにとって大きなことです。
時には、娘という視点で、母と深く語り合うこともありました。
そうか、わたしたちはお互いに、娘であり、母でもあるんだなと。
両親には感謝ばかりです。もっともっと、もっともっと、親孝行しなければなりません。
娘らしく甘えることも親孝行なんていったら、調子がいいかな。^^
何かあったときに、ああ、娘がいてくれてよかったと思ってもらえるように。

今ある自分は、当たり前なんかじゃない。
小さなしあわせをひとつひとつすくいあげて、日々のささやかなこともおもしろがる。
そうやって、これからも毎日を大切に過ごしていこう。

毎年誕生日ごとに綴ってきた、ひとりごとも、なんと10回目。
この秋は、ブログを書き始めて10周年!
頭の片隅で忘れ去ってしまいそうなことも、ずっとこつこつと書いてきました。
始めた当初のように、リアルタイムで更新して、コメントもやりとりして、というのはインスタグラムへ移行してしまったけれど。
やはりわたしにとってこのブログは、ものすごく大切な場所。
心に浮かぶ風景や、日々の生活の中で気がついた小さなこと、何よりムスコとの日々と成長の記録。
最近では、想いを綴っては再確認する、文字通り、日記になっていますが、
ここでのご縁で、実際にお会いできたり、年賀状をやりとりする仲になったりと、世界が広がりました。

悲しいこと、悔しいこと、納得できないこと、もやもやすること。
時にはまったく笑えない日だってあるけれど。
時間が経てば、お腹はすくし、目の前にはやらなきゃいけないことがある。
思い悩んだ時間も、この10年間、数え切れないほどありました。
だからこそ、日々のささやかなしあわせ、をここに綴ることで、前向きになれたり、救われたことが多かった。

これからも、こつこつと書いていきたい。
目標は、ブログ20周年。 その時、わたしは52歳か。
いつかおばあちゃんになったら、このブログを非公開にして、
自分史代わりに読んでねと、家族に遺言しようかな?なんて、思いついたりもしています。

a0091165_8354415.jpg

誕生日の夜、だんなさんが買ってきてくれたケーキと、ムスコからのメッセージ。
しみじみと嬉しかったなぁ。 
出会った頃から口数が少ない人で、心の中身はほとんど外に出さない人。
それが男らしく新鮮に感じた、出会いのころ。 最近では、不満に思うこともしょちゅうですが。^^;
こうやってときどき気持ちを示してくれることで、充分なんだなと、
結婚16年目、出会って18年目の今は思っています。
だんなさんはここをいっさい読まないから、安心して?素直にありがとう!

さあ、洗濯物を干したら、今日は楽しいおでかけの予定が。
今年もひとりごと、長くなってしまいました。
この1年も、老化とも仲良く付き合って(笑)、アンチエイジングではなく、
歳を経ていればこそ、のこころの美しさや落ち着きを少しでも身に着けられるように過ごしていきたいな。
[PR]
by chocolat-au-choco | 2016-06-30 23:47 | 思うコト | Comments(0)


<< 読書のきろく お弁当きろく >>