人気ブログランキング |
大村湾 と 読書メモ
a0091165_7134531.jpg

6月最初の週末、ふらっと福岡へ帰省。
途中、大村湾SAでお土産を買うついでに、ちょっと深呼吸。
この景色が大好きです。



a0091165_7153695.jpg

長崎名物はたくさんありますが。
老舗洋菓子店『梅月堂』のシースクリーム。 
うわさには聞いていたのですが、大村湾SAで冷凍のシースクリームを発見。 実家への手土産に。
カスタードクリームと生クリームが合わさって、懐かしい味がしました。

a0091165_716670.jpg

急に決めた帰省だったので、お友達との約束もなく。 ひたすら、の~んびり。
図書館の予約本が何冊もあったので、両親に甘えて、読書三昧しました。
芥川賞候補、太宰治、大江健三郎賞受賞作、岩城けい 『さようなら、オレンジ』。
オーストラリアに逃れた後、夫に失踪されたアフリカ難民のサリマ。 
夫に従い異国で生きる日本人妻サユリ。
語学学校で出会うふたりは、様々な困難、苦悩を抱えながら、徐々に心を通わせ、寄り添っていく…。
女性、母の強さと切なさ、異国で生きることの過酷さ、その中にも、拾い上げていく希望。

a0091165_7155477.jpg

大好きな作家、妹尾まいこさん。
大きな事件は起きないけれど、人の心情を丁寧に描く作風はかわらず。
ちょっと今回の展開は物足りない気もしたけれど、やっぱりほっとあたたかくなりました。

a0091165_7161687.jpg

今年の話題作といえば、吉田修一 『怒り 』
八王子で起きた、夫婦惨殺事件。
逃亡中の犯人を追う刑事と、身元不明の3人の男。
彼らを取り巻く人々の物語が平行して進んでいく…。
この3人うち誰が犯人なのか?
事件そのものを掘り下げるのではなく、犯人と思しき3人の男とその周りの人々との関わりを描いています。
人を信じることの難しさ。
目の前にいる人を、とことん信じきることができるのか?
おもしろくて、まさに寝る間を惜しんで一気読み。 きっと、映像化されるんだろうなぁ。

a0091165_7191197.jpg

久しぶりの乃南アサさん 『 地のはてから 』
地の果て 未開の地、北海道 知床に移住した開拓民の物語。
母と娘、女二代。
厳しい自然に何度も打ちのめされ、夫に翻弄され、明日を迎えるためだけに生きる。
逃げる場所はどこにもない。
そんな女性、母たちの生き抜いてきた、その先に今があるんだな…。

最近は読書ブログも放置してしまってますが。
小説は相変わらず読んでいます。 またまだ読みたいモノがたくさん。
by chocolat-au-choco | 2014-06-18 08:48 | 読書メモ


<< ホワイト オムライス tomato and cheese >>